親に長生きしてもらう方法

親に長生きしてもらう方法は〇〇を取ると良い!栄養が命を変える?


 

親に長生きしてもらう。

 

自分が大人にるにつれ、こうした気持ちは強くなっていきます。

 

色々あったけど、自分自身が家庭を持ったりし大人になっていくことで、親の偉大さや感謝の意が大きくなっていくのが自然です。

 

そんな時に考えるのが「親に長生きしてもらう方法」ってどんなことがあるんだろう?

 

という疑問。

 

これについての回答は

アミノ酸やクエン酸を積極的に摂取して健康なカラダを維持する

これが一番大切です。

 

なぜこのような結果になるのか?

 

そしてこれ以外の方法はないのか?

 

そうしたことも含めつつお話しておきますので、是非とも参考にしてみてください。

 

親に長生きしてもらう方法は〇〇を取ると良い

親に長生きしてもらう方法は〇〇を取ると良い!栄養が命を変える?

 

「親に長生きしてもらう方法」なんて、自分が若い頃には中々思えなかったことですよね。

 

かくいう私も、自分が結婚し子供が生まれたことで、こうした気持ちを強く抱くようになりました。

 

私の場合、実の親に対してもそうなんですが、嫁の親すなわち義理の両親に対しても長生きしてほしいなぁと強く思っています。

 

運良く義理の両親にも恵まれ関係も良いので、あの「笑顔」をなくしたくないと本気で思っているのです。

 

私は結婚するまでインドアであり、休日も外での楽しみなどまったくありませんでした。

 

ですが、結婚してからは嫁の両親が釣りに連れて行ってくれたり、温泉につれていってくれたり、これまで食べたことのないような珍味を食べさせてくれたり・・

 

灰色だった自分の人生に「カラフルな色」をくれたのです。

 

私の父親は既に亡くなっています。

 

亡くなる前までも、家族でどこかに出掛けたりなど、小さい頃に1,2回行っただけです。

 

だからそうした経験がほとんどない中で、楽しみをくれたのが嫁であり、嫁の両親でした。

 

そこで、実の親(母)も義理の親も引っくるめて、「親に長生きしてもらう方法」は何かないかと調べていた結果、たどり着いたのが「アミノ酸」と「クエン酸」を継続して摂ることだったのです。

 

なぜそうなったのか?

 

アミノ酸やクエン酸の栄養成分をご覧頂くと理由が見えきます。

 

アミノ酸の効果

主に体内でエネルギー源となるもの。
筋肉を形づくるのもアミノ酸、
疲労を回復させるのもアミノ酸、
免疫力をアップするのもアミノ酸です。

 

クエン酸の効果

主に体内臓器を若返らせるもの。
疲労回復効果。
整腸作用効果。
血液浄化(血流改善効果)。
古くなった細胞を活性化させ若返らせる。

 

アミノ酸とクエン酸と人間のカラダ

人間の寿命は、いくつか諸説はあるものの、どれだけ「カラダ」が劣化していないかどうかで決まります。

 

年齢を重ねても血流をよくしていくことで、体内組織が活性化し老廃物は排出され、カラダの中がキレイになっていくことが分かっています。

 

そして、免疫力も長生きには大切な要因です。

 

高齢になると「風邪を引きやすい」「体調を崩しやすい」という症状が顕著にでてきてしまいがちですが、こうした状況を「歳のせいだから」と放っておくと、どんどん体はむしばまれていきます・・

 

こうした状況を打破するためには「腸」へのアプローチも必要になります。

 

最近では「腸活」というものが有名ですが、これは「実は腸が健康かどうかで病気になりやすいかどうかが決まる。」というものです。

 

以前まで腸は、”第二の脳”なんて言われていましたが、最近では脳を動かしているのは腸だとも言われています。

 

突き詰めると、体内では腸を元気にすること、そして体外では筋肉をつけておくこと。

 

こうすることで、カラダの側からも外側から健康を維持していけるというわけです。

 

親に長生きしてもらう方法|メンタル的なアプローチ

親に長生きしてもらう方法は〇〇を取ると良い!栄養が命を変える?

 

基本的に人間はカラダが元気だと心も元気でいられます。

 

反対に、カラダが言うことをきかないなどの状態になってくると、心まで疲弊してしまい、やがて生きる気力さえなくなってしまうのです。

 

心とカラダは密接につながっているんですね。

 

これ、もっと広い視野で見ると以下のことが言えます↓↓

 

カラダの健康を達成しながら、心の元気も与えられたら、より一層元気になり長生きする

 

というものです。

 

要するに、相乗効果ってやつですね。

 

例えばですが、私のように嫁の親に長生きしてもらう方法として、まずアミノ酸とクエン酸でカラダの内外から健康になってもらえるようなプレゼントを送ってあげたました。

 

これは「健康でいて欲しい」という私から義理の両親へのメッセージです。

 

こうすることで、カラダも心もより一層元気になってくれると確信を持っています。

 

親に長生きしてもらう方法として、定期的に長生きアイテムをプレゼントしているのが私の実情です。

 

 

親に長生きしてもらう方法|お役立ち情報

基本的に私が定期的に親にプレゼントしているのが、「ちゅら花」というお酢です。

 

なんでこれをプレゼントしているかというと、「アミノ酸」と「クエン酸」がもの凄い量入っているからに他なりません。

 

【特徴】

アミノ酸:3,045mg(リンゴ酢の約10倍)

クエン酸:1,652mg(梅干し約3個分)

 

ちなみに私は40代ですが、自分でも飲んでおり、ここ数年の疲れやすさや病気のなりやすさは完全に解消されています。

 

おわりに

親に長生きしてもらう方法はまずはカラダを形づくる「アミノ酸」「クエン酸」を摂ってもらうこと。

 

そのうえで、親を喜ばす行動を定期的にしてあげる。(私の場合はプレゼントです。)

 

もしかしたら、こうした私たちの”思い”そのものが、エネルギーとなって親の長生きにつながっているのかもしれません。

 

親に長生きしてもらう方法として「健康をプレゼントする」。

 

あなたも是非やってみてはいかがでしょうか。

 

テレビCMでもおなじみ元気な社長/沖縄のお酢【ちゅら花】

更新履歴
page top